動物愛護週間と国際うさぎの日の決意

動物愛護週間と国際うさぎの日の決意

9月の第4土曜日はInternational Rabbit Day
ということで、昨年も記事にしていたのに、う
っかり忘れていました。今年は昨日9月22日
が、International Rabbit Dayでした!   

写真 2018-09-24 0 01 49

9月20日〜26日の動物愛護週間と被ってい
ることだし、忘れないようにしたいものです。

うさ奈が一番好きな動物は、物心ついた頃から
断然うさぎです。でも猫も犬も好き。なんなら
動物みんな好き。母が動物苦手だったので、実
家にいた時に飼えた動物は外飼いのうさぎと鶏
に、インコだけ。友達の飼ってる猫や犬が羨ま
しかった。将来の夢は動物園の飼育員でした。

うさ太郎の実家では、うさ太郎が産まれる前に
猫を飼っていたそうですが、産まれてからは何
も飼ってませんでした。そんなうさ太郎は、も
ともと犬が一番好きだけど、やっぱり動物みん
な好きといったスタイルでした。でも、今の一
番はきっとうさぎです。そうにきまってます☆

そんな2人だから、いつかはうさぎを含めて、
いろいろな動物と暮らしたいし、なんなら動物
に関わる仕事をしたいと思っているわけですが
うさ太がいなくなってから、より一層その想い
が強くなっている気がします。       

ということで、現在いろいろ模索中。とにかく
何かするぞ!と言葉に出せば実現するかな?と
思ってみる平成最後の動物愛護週間でした。 
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ゆりさん

これからは新しいカレンダーをかざるときに
まずうさぎの日に◯をしましょう(笑)

モフモフ羊さんのかわいいぬいぐるみやグッズを
みつけると、ゆりさんに送りたくなりますよ♪
そう、うさぎの地位をもっと向上させたいですよね!
「犬と猫どっちが好き?」って質問されると
「うさぎ」と答えるわたしですw

実はわたしも、うさ太郎は獣医に向いていると
思っています!しかし、そのためには獣医学部で
学び国家試験に受からねば・・・となると
いまの年齢からだとかなり厳しいかと(汗)
動物看護士ならいけそうとは思っていたりして。
そしてペットシッターさんとかとか。

koumeさん

やっぱり一緒に暮らす動物が一番になりますよね☆
そしてうさぎ好きなのはゆるぎなく、今後たとえ
別の動物と暮らすことになっても、一生うさぎ好き
でいると思うのです。が、やはりうさぎさんには
そばにいてほしいな・・・^^;

たしかに1人では無理ですね。。。
2人でも大変ではあるでしょうね。。。
いろいろな動物飼いさんを集めて、シェアハウス
みたいな場所に住めたら楽しそうだな☆なんて
いろいろな問題を取っ払って夢見たりして(笑)

NoTitle

うさぎの日だったんですね。。。すっかり忘れてました(汗)私も、今はうさぎが一番、二番目には、羊です(お気づきのように)。動物全般が大切にされるのは勿論いいことだけど、特に、うさぎって、犬猫よりも下にみられることが多いので、いつも、誇らしげに「うさぎ飼ってるんだー」って言ってます。おふたりとも、動物に関われたらとのことですが、うさ太郎さん、良い獣医さんになれる気がするのですが、いかがでしょう?観察力と冷静な判断で。うさ奈さんは動物病院の経営、診察時のサポートという役割分担で。ご検討願います!!

NoTitle

私も動物好きでずっと猫が一番だったのですが、
今ではすっかりうさぎが一番に^^
でも犬も飼ってみたいし、また猫とも暮らしたいなと。
一人でうさぎも犬も猫もみんなというのは難しいでしょうけど。
二人ならいけますね^^
色々な動物に囲まれて暮らせるなんていいな♪

コロ蔵さん

ご助言ありがとうございます!
私たちも、日本には動物のアウシュビッツがある
といわれている現実に心を痛めていましたし
今後動物を迎えるとしたらまずは保護動物に
目を向けたいと考えていたりします^^

ただ、ドイツのペットショップでも、犬猫の
生体販売はなくても、うさぎは普通にあったん
ですよね。やっぱり動物愛護というとまず犬猫
優先というのがちょっと不満だったりして(汗)
犬も猫もうさぎも、蛇など他の動物たちだって
ペットとして生きたからには、人間の手で
命を奪われるようなことのない世界になって
欲しい。していきたいものです。。。

NoTitle

もし、可能でしたら ペットショップで買うのではなく 保護団体からの里親になるという事も考えてくれたら嬉しいです。
ヨーロッパやアメリカでは ペットショップで生体を販売はしていないそうですが、日本では そうではありません。
販売に向かないという理由で残念ながら 殺処分という悲しい最後を迎えてしまう子がたくさんいます。
そんな子達も 少しでも幸せになってくれたらと思っています。
どうしてもとは言いませんので 心の隅に留めておいて、お迎えを決断する時にでも思い出してくれたらと思います。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索