急性胃拡張

急性胃拡張

土曜日の朝。いつものようにうさ太におはよう
といおうと思ったら、ケージにこもったままで
既にタイマーが作動して出ていたペレットにも
全く口をつけた形跡がありませんでした。。。

前夜は元気だったのに…
写真 2018-03-20 20 28 15
翌朝いきなりの不調。換毛期は気が抜けない

それでもこのときは、この前もらっていたプリ
ンペランもあるし、この前のようにすぐ回復す
るだろうと思っていました。一応うさぎ先生に
も電話で指示を仰いでプリンペランを飲ませ、
お腹マッサージをしつつ、ペレットに口をつけ
るようになるのを待っていたのですが、今回は
なかなか動きだす様子がみえません。ふと気づ
くと、お腹の左側がゴムボールのように膨らん
でパンパンになっていたんです。。。    

あわててうさぎ先生に電話するものの、休み前
の診察終了間際でお忙しい時間帯。連絡がつき
ません。もしかけこむとしても車で1時間はか
かるので、その半分でいける、うさぎ先生の弟
子先生がやっている病院へ行ってみようかと電
話をしたら、快く受け入れてもらえました。 

受付をすると、暖かい酸素室へ連れて行かれた
うさ太。待合室には順番待ちのうさぎさんがま
だ何人かいたので、呼ばれるまで時間がかかっ
たけれど、預かってもらえるのは安心です。 

順番が来て診察室へ入ると、まず口頭で症状の
確認を。その後、酸素室から連れてこられて触
診を受けたうさ太は、レントゲン撮影をして再
び酸素室へ戻されました。そして先生は、レン
トゲンをみながら丁寧に説明してくれました。

触ってわかるように、胃がパンパンに膨れてい
て、満腹の状態の2倍はあること。なんらかの
原因で腸閉塞を起こし、胃拡張が起きてしまっ
ていること。大きくなった胃のおかげで、心臓
が小さく血流が悪くなり、血圧もさがって体温
が低くなっている、つまりショック状態にある
こと。腸閉塞の原因はレントゲンではわからな
いけれど、まずはパンパンの胃を減圧しないこ
とには先に進めないことなどなど。     

病院へ来る前、2回目のプリンペランを飲ませ
るかどうか悩んだけれども、飲ませてたら危険
だったようです。というかもっと早く病院に来
るべきだった。などと後悔しきり・・・。  

さて、減圧方法はチューブで胃の内容物を吸引
するというものですが、口から入れるか鼻から
入れるかで。口から入れる場合は太いチューブ
を使えるので、大きめのものも吸い取ることが
出来るけれども麻酔が必要。鼻からだと麻酔は
不要だけど、細いチューブなのでガスと水くら
いしか吸い取れない。しかし、今の状態で麻酔
は危険なので、鼻から吸引してもらいました。

吸引した内容物は、牧草色の液体が100ml程。
点滴と注射をしてこの日は帰宅。夜中は心配だ
と思うけど、ずっと見守るのはストレスになる
のでやめてあげてといわれたので、寝室でちゃ
んと休んだうさ奈と、それでもうさ太のいるリ
ビングで休んだうさ太郎です。       

翌日もレントゲン確認と点滴の為に、朝一で病
院へ。出発前までおとなしかったうさ太ですが
車の中で動きが出てきてました。      

昨日のレントゲンと今日のレントゲンを比較す
ると、胃の大きさは戻ったままで再び胃拡張に
なっている様子はみられず、心臓も大きく戻っ
ていました。しかし、ガスが小腸で滞っている
様子。閉塞の原因物質が移動したのだと思うけ
れど、小腸のガスを抜く処置も出来ないので、
その物質がなんとか出てくることを祈ります。

点滴と注射をして、1週間分の薬を出してもら
い帰宅すると、お水を飲んで乾燥ハーブも食べ
はじめて。午後落ち着いた頃に強制給餌を開始
してくださいといわれたので、ペレットを水で
ゆるくしたものを口元に持っていってみると、
強制するまでもなく食べてくれましたよ☆  

写真 2018-03-20 20 28 28

そして、ひもをカミカミ
写真 2018-03-20 20 28 19

藁ひもをカミカミ
写真 2018-03-20 20 28 23
病院通いのストレス発散かしら?

お腹をさわると、膨らんでぽよんぽよんしてる
からギョッとしたけれど、電話できいてみたら
皮下点滴なので、吸収されていくにつれて小さ
くなっていくでしょうということで安心して。

夕方にはちっことうん●が出てきたので、発酵
臭のするひときわ大きい塊をほぐしてみたら、
大量の毛が出てきました。ブラッシングをして
いても、結構飲み込んでるものだなぁ。。。 

その夜のうさ太の目には力が宿っていたので
写真 2018-03-20 20 28 32
安心して就寝しました

翌日も点滴をしに行き、もう大丈夫でしょうと
いうことで1週間後の再診を指示されて帰宅。
換毛期はまだ続いているので引き続き警戒は必
要ですが、今回の危機をのりきりごろんちょし
ているうさ太の姿をみると、本当に幸せです。

写真 2018-03-20 20 28 35

1年前にドイツで起きたうっ滞も、今になって
思うと実は今回と同じ急性胃拡張だったのでは
ないか?と。今後、様子がおかしくなったら、
ここは日本なのだし、自己判断で様子をみるの
ではなく、すぐに病院へかけこもうと誓った我
々なのでした。              


にほんブログ村 うさぎブログへ
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ブラックノールさん

その節は、ご心配をおかけしました〜
その前の一瞬の不調も、前兆だったのでしょうね
まだまだ終わらなさそうな換毛期、
元気なノールちゃんを見習ってほしいです^^

NoTitle

ブログを読んではらはらドキドキがよみがえりましたよ〜(笑
うさ太くん、元気になって本当に良かったですね☆
うさ奈さんファミリー、みんな頑張りましたね!
換毛期、元気に乗り越えましょうね〜(^^)

かもちゃん

うん、本当によかった〜^^
といっても30分かかるからなぁ
家を売ってうさぎ先生か弟子先生の近くに引っ越すか!なんてw

読んでいて心配になりましたが、うさぎ診てくれるところが近くにもあって、無事で良かったですね(*^^*)

るこ丸さん

頭皮が持ち上がっただなんて!
るこ丸さんこそ、毛根お大事に(笑)

ドイツでは緊急で動物病院に行くのって
ちょっと大変だったものだから、同じ調子で
自分でできることで手を尽くそうとしてしまいました。
その日のうちに病院に行って、本当によかったです
今回の件で、弟子先生の病院を信頼できたので
今後なにかあれば即座にかけこむ所存!
やっぱり愛うさをまかせられるのは、うさぎが
なによりも一番好きな動物という先生じゃないとね〜☆

鍵コメF様

いえいえ、呑気なコメントだなんて、
こちらこそ呑気な記事を書いた翌日の出来事でしたし
お気になさらず〜^^

ありがとうございます!お待ちしてますね♪

anbouさん

いえいえ、気が張っているところではありましたが
気がまぎれてよかったですよ☆
自分だったらどうなったか気になるなと思って
事後報告もさせてもらいました^^

その後、気圧の低下にも負けず、何事もなくすごしています♪
ただまだ換毛中ですし、引き続き注意していかないとで
長時間の外出控え中・・・。換毛よ、はやく終われーっ

koumeさん

前日までは元気いっぱいでも、今日はわからない
んだなぁと、換毛期中の恐怖を改めて実感しました。
まだまだ換毛中なので、その後も朝目覚めると
うさ太の様子が気になって、布団の中で
いつまでもうだうだしなくなったりしてw

本当なら、渡独前まで通っていたかかりつけ医の先生の
ところが近所でいいのですが、うさぎ専門ではないので…
うさぎに詳しい先生をたよりました!
これからは何かあったらこちらにかけこみます♪

はなこさん

復活することは信じてましたが、
信じるだけじゃやっぱり駄目でしたね(汗)

そういえば、昨年一時帰国後のうっ滞も、土曜日の朝
からはじまったんですよね。幸い日曜日もちょっとだけ
とはいえあいてる病院があって、しかも頼もしい先生で
とてもラッキーだったなと思います。
きっとうさ太は運がいいのですね☆

はなこさんはうさ太の1/3(?)飼い主だから
緊張感もわかちあわなければなりません♪

NoTitle

ああ、うさ太くん復活してよかった~
ドイツの隠密からうさ太くん一大事を聞いたときは頭皮が一瞬持ち上がりました(ショックで)

愛うさの不調をみつけたとき飼い主が出来る事は
兎にも角にも信頼できる動物病院へ連れて行って
「普段と何が違うのか」
「いつからどんな状態か」
一緒に暮らす飼い主にしかわからない情報を冷静に伝えること、これにつきますよね。

うさ奈さん、うさ太郎さんお疲れ様でした。毛根お大事に ←なぜ

まだまだ続く(?)、春の大換毛期
みんな無事に乗り越えていけますように。

らすさーん

ドキドキさせてごめんなさい(>_<)
ほんとうに、もっと痛そうな顔をしてくれれば
もっと早く行動にうつせただろうに…なんて(汗)
前回大丈夫だったからといって、今回も大丈夫と
いうことはないんだなと、私たちも再認識しました。

おかげさまでその後、いまのところ問題はありません
が、まだまだ換毛中なので、注意深く見守っていきます!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

物凄く大変な事になっているとは知らずに、一番大変な時にどうでもいいお気楽なラインを送ってしまってすみませんでした(T_T)
その後、うさ太くんどうなったのかしらと思っていたところに、ちゃんと報告をしてくれたりして、疲れているのに有難うございました。
雪が降ったりして、気圧が物凄く低下していましたが、うさ太くん大丈夫だったかしら。
ホント何が急に起こるかわからないので、心配になりますが、とにかくうさ太くんが乗り越えてくれて良かったです!
うさ奈さんもうさ太郎さんもお疲れさまでした!

NoTitle

うさ太くん、大変なことになっていたのですね><
でも良くなったようでよかった〜。
割と近いところにもいい先生がいてよかったですね。

食べない、飲まない、出ないでぐったりしていると心配で心配でたまらなくなりますよね。
換毛期って本当にいきなりそうなってしまうから怖いですよね。
気を付けていてもどうしても毛は飲み込んでしまいますものね。

NoTitle

うさ太くん、復活してくれてよかったー!!
もう飼い主は生きた心地がしないですよねi-201

人間にとっての1日はうさぎにとっての3日といいますから、
週末だったら特に、様子見は危ないですよね・・
ああなんだかうさぎのいる緊張を久しぶりに味わっちゃいました。
遠く離れたドイツでw


ドキドキしながら読み進めました(;O;)
結果オーライで良かったですが、経過を見守る段階でのうさ奈さん&うさ太郎さんの心中は察するに余りあります。大変でしたね。ギリギリまで不調を隠す習性も困ったもんだと思いますが、そこを踏まえて、あれ?変かも?と思った時点で通院の必要があるということをあらためて認識させられました。予後が良いものでありますよう祈ってます。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索