うさ太、再び飛行機に乗る

うさ太、再び飛行機に乗る

フランクフルトからヘルシンキまでは国内線に
なるのでパスポートコントロールはなく、保安
検査のみ。うさ太を抱えてゲートをくぐりまし
た。すると、係のお姉さんが笑顔で撫でたそう
に近づいてきたので、うさ太を少し近づけると
何やら話しかけながら撫でてくれました  

荷物待ちのおばさまも、ニコニコしてくれて。
キャリーバッグが流れてきたら、係のおじさん
が「ワンワン!」といいながらこちらの方へ…
「違うよ」とうさ太をみせると「うさぎか」と
といったくせに「にゃーにゃー」。おじさん

飛行機まではバスで移動して

どんより曇り空のフランクフルト空港を後に…
写真 2017-12-29 23 32 17

座席は一番後ろの3列席だったけど、隣にも人
がいて、前の座席の下のスペースも狭いので…

離着陸時はこんな風に縦収納^^;
というかほとんど入ってない
写真 2017-12-29 23 32 25
日本だったらちゃんと収納してって怒られそう

安定飛行に入ったら、バッグを膝の上にのせて
撫でたりおやつをあげたり。        

写真 2017-12-29 23 32 35

いがいと落ち着いた様子
写真 2017-12-29 23 32 43

前回、飛行機の中では大好きおやつ以外、飲み
食いしなかったので、今回もだろうと思ったの
と、ヘルシンキまで大した時間はかからないの
で、お水の用意をしていなかったのですが、い
れていたペレットにはちょっと口をつけたし、
水があれば飲みそうな気がしました。    

寒そうなフィンランドに到着☆
写真 2017-12-29 23 32 49

乗り継ぎ時間は2時間

次の便の搭乗口にむかいますが、保安検査場は
ないんですね。(ロンドン乗り継ぎでニューヨ
ークへ行った時は、ロンドンでもあったのに)
ここでうさ太を出す必要がないかと思うと、 
ちょっとだけ残念だったりしてw      

ムーミンショップの前で再び記念撮影
写真 2017-12-29 23 32 56
ムーミン、光っちゃった^^;

次の便は後ろではなく、中程の席
写真 2017-12-29 23 33 07
隣もうまってました

足元は前の便よりも広いけど、収納は厳しい
写真 2017-12-29 23 33 21

もちろん上をつぶせば押し込むことはできるけ
ど、きっちり収納しなくても怒られないので、
そこまでがんばりませんでした(笑)    

自分の足がつらいけど、離着陸時だけの我慢!
写真 2017-12-29 23 33 27

安定飛行時には、テーブルの上にのせちゃった
写真 2017-12-29 23 33 32
出せ出せと頑張るから膨らんでいる網部分w

うさ太は元気いっぱいで、ヘルシンキで購入し
たお水でつくったバランスウォーターも飲んで
くれたし、ペレットも食べて。入れておいたハ
ーブや牧草ブロックもガジガジしていました。

おしっこは我慢してる様子だったけど、到着直
前、降下している頃にジョジョっとした模様。

うさ太はなんの問題もなく日本に到着しました
が、うさ奈が・・・。着陸する頃からお腹が痛
くなってきてやばい状況に陥ってました^^;

それでも、この快晴の日本よ!
写真 2017-12-29 23 33 37
ドイツの空とは大違いです

荷物を受け取ったら、税関の横にある動物検疫
所カウンターへ。職員さんに書類を渡して確認
してもらっているうちに、隣の植物防疫所カウ
ンターの職員さんも確認しにきてくれました。

キャリーバッグに入っているペレットと牧草類
に、持参した残りのペレットと乾燥ハーブ。事
前に成分を申告していましたが、輸入禁止品の
混入や、虫の付着がないことを目視で確認され
て、植物検疫も無事合格したようです☆   

写真 2018-01-07 13 59 13

うさ太はここで、動物検疫所の職員さんに預け
我々はお酒を含む別送品があることや、持参し
たお酒、動物と検疫をパスした植物があること
を申告して税関を通過。外に出ると、まずは 
空港宅配カウンターを目指しました。そこで、
2泊3日のうさ太係留期間中のお世話グッズ&
我々のホテル滞在中身の回り品をつめたスーツ
ケース1つを残して、3つの荷物を宅配依頼。

荷物2つまでは無料という日通の特典と、カー
ドの特典を使って、荷物3つで実質500円☆


更に、スーツケースの中のお世話グッズを取り
出してから、動物検疫所の事務所へ・・・。 

扉をあけると、うさ太が入ったキャリーバッグ
が目に入り、4人くらいのお姉さま方が出てき
てくれました。ちょうどお昼時だったかな…

獣医師さんによる健康チェックが終わったら、
さっそく、うさ太の快適空間をセッティング
自動ご飯皿を置く為に、大きなケージをリクエ
ストしていたのですが、2年前の係留時にワン
コが入っていたケージが用意されていました。

うさ太郎も入れるw
写真 2017-12-29 23 33 42

今回、他の動物はいません☆

広々とした空間で、既に落ち着いたうさ太
写真 2017-12-29 23 33 57

また来るからね〜
写真 2017-12-29 23 33 52

書類を確認してもらい、夕方また来ることを伝
えて我々はホテルにチェックイン。お腹の調子
が悪いうさ奈でしたが、ちょっと仮眠したら回
復! 最悪、夕方のお世話はうさ太郎1人でい
ってもらわなきゃ?と思っていたけれど無事に
2人でいくことができました〜。      

このとき対応してくれたのが、翌日の検疫を担
当してくれるという職員さん。「1羽ときいて
いたのに2羽いると思った」と、一緒に入って
いるジュニアをみて驚いたそうですが(笑) 

それまでの様子を教えてくれたり、水をかえる
などちょっとしたことならしますよといってく
れたり、かわいいからみんながみにくると教え
てくれたり、いつ来てもらっても構いませんと
いってくださったり。親切で面白い方でした。

翌日も朝と夕方にお世話にいき、3日目の朝に
お迎えです。獣医師さんの健康チェック〜ケー
ジ内の片付けを行って、書類をもらって終了。

係留部屋の入り口に            
「自動給餌器から声が出ます」と書かれてたw


妹が車で迎えに来てくれたので、待ち時間なく
最短時間で家に帰れてありがたかったです☆ 


にほんブログ村 うさぎブログへ
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ブラックノールさん

今回のうさ太は本当に元気でびっくりでした☆
機内で一緒にいられない不安感・・・
想像するだけでたまりません(>_<)

植物検疫のこと、ブラックノールさんに教えて
いただいていたおかげで、うまくいきました♪
事前に情報を出していたおかげもあるのでしょうが
たしかに、簡単にみただけな感じで^^
まぁ虫がいればすぐにわかるのでしょうけどね☆

検疫所、うさぎさんはめったにいないのでしょうし
めずらしいのもあるのかもですね♪
お世話をしている間も、係じゃない人がのぞきにきたりしてましたw
お腹は、やはり日本の水のおかげですぐ回復したのかも♪

はなこさん

検疫所の方々はやっぱり動物に優しい感じがしますよね♪
あ、でも、渡独時の赤いゲートにいた方々も、
手間取ったものの優しいっちゃ優しかったかも・・・。

この青空、渡独前は当たり前に思っていたけれど
今はまた違う思いがこみあげてきますね
たしかにちょっとお腹が痛かったのもふっとびました(笑)
ただ、成田空港の建物から外に出たら、風強くて寒っ!でしたが^^;
そのせいか、体感的にドイツより寒かったかも・・・

そうですね!
3人一緒ならきっと大丈夫という自信がつきました^^

NoTitle

うさ太くん、飛行機の中でも元気そうですごいですね〜!
一緒にいると様子がわかっていいですね(^^)
私はノールが心配で心配で。。。

植物検疫、無事通過で良かったですね〜☆
目視ってけっこう簡単な感じじゃなかったですか?
これで大丈夫なんだ〜。なんて思ったのを思い出しました。

うさ太くん、検疫所でも人気者で〜♡
係の人が優しいと安心しますよね。
自動給餌器のくだり、何度聞いても笑っちゃいます(^^)

うさ奈さんのお腹もすぐに良くなってよかったです。

本当にお疲れ様でした〜!

NoTitle

海のときもそうでしたが、検疫所の方々、親切ですよね♪
ドイツだと空港関係者(おみやげ屋さん除く)が親切なんてことは(略)
ドイツの不親切&どんより(←言い放題)とはまるでちがう
日本人の物腰のやわらかさと見事な青空に、
ひとつの区切りを超えた寂しさもふっとんだのではないでしょうか。

うさ太くん、飛行機のなかでも勇敢でえらかったねぇ。
もっとも3人一緒ならね、どこでも大丈夫!だよね。


へたうまさん

英国は厳しいですものね・・・
ありがとうございます!
わたしはもうすっかり元気です☆
うさ太ももちろん、元気でーす♪

koumeさん

あら?イタリアの空港では抱っこして一緒に
ゲートをくぐったのかと思っていましたが
くぐってはいなかったんですね。
同じヨーロッパでも違うとは・・・

大好きなおやつまで拒否はかなり心配ですよね
今回のうさ太、本当になんということもなくて。
検疫所での堂々としたふるまいといい
ちょっと誇らしかったです♪

NoTitle

いいなぁ。機内で一緒に居られるなんて。英国はムリだな😅
うさ太君、お疲れ様でした!
うさ奈さん、お大事にね💕

NoTitle

やっぱり国によって違うんですね〜。
イタリアはキャリーだけX線を通して、戻ってきたキャリーに入れた
Royはゲートの脇から素通り。
アメリカはX線もゲートも素通りで後ろの個室で係員がキャリーチャックでした。

うさ太くん、飛行機の中で牧草ブロックまでカジカジしましたか^^
うちは行く時はお野菜やパインを食べてくれたんですけど、
帰りは大好きなおやつまで拒否で家に着くまで
一切食べなかったので気が気じゃなかったです☆
出せ出せと頑張るくらいだったなんてすごいな、うさ太くん^^

検疫所のケージの中でも早速お水飲んで、
お気に入りの座布団の上で毛繕いなんて^^
あまりストレスなく過ごせたようでよかったですね♪
うさ太くん、頑張ったね^^
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索