帰国前日から当日の朝までのこと

帰国前日から当日の朝までのこと

あのドイツ生活の日々は夢だったのではないか
と思うようになってきた今日この頃ですが、新
年初の投稿は、やはり帰国の振り返りから☆ 

・・・

ドイツを発つ前日、大家さんと娘が家のチェッ
クにやってきました。大家さんはまず、こんな
素敵なうさぎさんの置物を「For You♡」と渡
してくれたんです☆            

大切にしていたというイースター飾り
写真 2017-12-29 23 31 57
大家さん、いい人です(感涙)

それなのに娘ときたら・・・

大家さんと旦那さん、娘にも、それぞれ和柄の
ハンカチを渡したのですが、ありがとうの言葉
もなく、早速家の備品チェックに入りました。
先に伝えておいた壊れたもの汚れたものを含め
リストにある全てのものをひとつひとつ確認す
ること2時間半?3時間?とにかく長丁場で
我々は最後の荷造り中で、今それ確認する必要
ある?と思いつつ。だって、お皿が1枚足りな
いんだけどといわれても、まだ残っている食べ
物をのせて冷蔵庫に入っていたりするわけで…

最後にうさ奈の鍵を渡すと、うさ太郎の鍵はポ
ストに入れておいてねといわれたのですが、う
っかり日本に持って帰ってしまったうさ太郎


持ち帰るうさ太グッズだけ残された最後の夜
写真 2017-12-29 23 32 03

うさ太には、明日飛行機に乗るからねといいき
かせ、うさ太を残してホテルに戻るわけですが
乗っていたトラムで事件が起きました!   

後ろの方にのってきた男性が、何事か怒鳴りな
がら前の方にむかい、前の方に座っていた男性
の真後ろで更に怒鳴りちらかすのです。その男
性にというわけではなさそうですが、もちろん
たまったものじゃありません。怒鳴られた男性
は更に前へ避難し、怒鳴っている男性はそのま
ままた後ろの方へ。真ん中に座っていた我々は
注意をひかないようにひそむしかなく…^^;

ドイツ最後の夜にテロとかやめてよ、と戦々恐
々としていると、停留所ではない場所でトラム
が少し停車しました。赤信号のようす?   

しばらくして動き出すと、ハイデルベルク中央
駅に停車。車内の誰もが早く降車しようとドア
に殺到したと思ったら、その男性も降車。降り
てもなお怒鳴りまくっていますが、なんとトラ
ムのすぐ後ろにぴったりとパトカーが停車して
いて、でてきた2人の警官に乗降場の前の方に
連れていかれました。もしや、さっきの停車中
に警察をよんだのかしら?と、ちょっと感動☆

実は我々、レンタカーを返しにいった場所から
ホテルへ戻るところだったのですが、乗るトラ
ムを間違えて駅に来てしまったのでした。なの
でむかいの乗降場で、逆方向に向かうトラムを
しばらく待つ間、警官と男性の様子を遠目に伺
うことができたわけですが・・・。しばらくお
話したと思ったら、その場で男性は解放されて
警官はパトカーへ。パトカーが去った後の男性
はおとなしくしていました。なんだったんだ…

トラムが去り、残されたパトカーと3人
写真 2018-01-09 18 22 12
まさにハイデルベルク市警24時の現場っ!?

疲れたので、最後に行こうと思っていたレスト
ランには行かず、ホテルのラウンジですませた
ドイツ最後の夜ごはん。          

クリスマスなのでガチョウのお肉がありました
写真 2018-01-09 18 22 16
実は前の夜もここですませた我々です
(ビーフでした。どちらもおいしかった

出発の朝は、ホテルを6時にチェックアウト。
まだ真っ暗な中を、うさ太の待つうさ太ハイム
へ戻り、うさ太グッズを箱詰めしたり、捨てる
ものをまとめてゴミ捨て場へ運んだり。迎えの
車が来る8時半までバタバタしてしまい、運転
手さんを少し待たせてしまいました    

しかし道ががら空きだったおかげで、出発が遅
れた分を難なく取り戻し、予定通りに空港着☆

持ち帰った荷物の全て!
写真 2017-12-29 23 32 10
うさ太もはいってまーす

長くなるので今回はここまで。
次回「うさ太、再び飛行機に乗る」

お楽しみに♡


にほんブログ村 うさぎブログへ
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

anbouさん

本当に被害がなくてよかったです。隣を通りすぎるときは、
どなりつけられないかビクビクしちゃいました^^;

大荷物といっても、迎えの車まで運ぶのが大変だった
だけで、空港内ではカートも使えたし宅配もしたので
そこまで大変ではなかったですよ〜♪

旧うさ奈ハイムには、3月にブラジルの方が入居する予定
だそうで、猶予があるんです。なので、あわてずさわがず
ゆっくり返却してきてもらえれば、と☆
娘に遭遇しないことだけ祈っておりますw

NoTitle

何だか恐いヒトに遭遇したようですが、被害がなくて良かったですね。
帰国するという時に危ない目にあったら大変ですもんねぇ。

しかし、大荷物!うさ太くん関係のモノもあるだろうし、お疲れさまでした。
ちゃんと代行はなこさんは鍵を返せたかしら。
何かと悩みの種の娘氏に遭遇してなければいいですけどw

へたうまさん

日本にもいますよね^^;
気が触れたフリって、私も危ない目にあいそうに
なったときにやってみようと思ってたんですよ!
やっぱり有効なんですね(笑)
やりすぎると警官が出てきそうなので
ほどほどがいいかもしれませんが^^;

いつもニコニコしていて春の乙女のような大家さんから
なぜあんな氷の女王のような娘がうまれたのか・・・
まぁいいや。おっしゃるとおり(?)
娘のことは記憶から抹消することにしましょうw

ブラックノールさん

ありがとうございますー
やっぱり帰国直前ってバタバタしちゃいますよね

ブラックノールさんのときも、細かいチェックが
入ったのですね。そうそう、修理修繕が必要なものは
リストにして渡すからといわれているので、
やっぱり全部請求されるんでしょうかね?
(どうせうさ太郎の会社から出るのでいいけれど)

昼間に遠くからでも、怒鳴られるなんてどんなに怖かったことでしょう?
日本でもたまにいますけど^^;
そうそう、前夜には酒臭いおじさんがフラフラと
ホテルまでついてきたのがちょっと怖かったです
クリスマスだから変な人が多かったのかな・・・

koumeさん

お皿の数はもちろん、ナイフやフォークなども
全て確認して、これが足りないんだけど・・・と(汗)
アバウトなお国がちょっとうらやましいです^^;

そうそう、パパさんも鍵をポケットにいれたまま
忘れそうだったんですよね!
私たちもやっぱりバタバタと家をあとにしたもの
だから、うさ太郎のポケットに入りっぱなしで
空港に到着するまで全くきづかず・・・
はなこさんが帰国してくれていて助かりました^^;

ドイツ滞在中、あまりそういう変な人に遭遇したことが
なかったのに最後の最後に?!と思いましたw
怒鳴ってるだけならまぁいいけれど(?)
バスや地下鉄だと、逃げ場がないから怖いですよね、、、

NoTitle

訳の分からないことを言って起こっている人、東京にも結構いますが、言葉が分からなかったらかなり怖いですね(^_^;)
そういえば、私、昔、フィレンツェの裏道でロマ人の子供たち6人にありとあらゆるポケットを同時に狙われた時、咄嗟に気が触れたフリをして、日本語で悪態をつきまくって、全員、追い払ったことがあります(笑)言葉は分からなくても、頭がおかしい人って怖いものなんだなと実感したことを思い出しました(笑)

あ、そろそろ会社に戻ろう!
あれ?一体、私、なんの話をしたんだ(笑)??

あ、イースター飾り、とっても可愛いですね!
それですべて水に流してあげて、いい思い出だけを持ち続けましょう!

NoTitle

帰国準備お疲れ様でしたー!
ブログを読みながら私たちの帰国日を思い出しました。
娘さん、相変わらずすごいですね(^^;;
私たちの大家さんも食器棚など細かくチェックしてました。
壊したわけじゃなく、勝手に壊れたものの修理代を請求されたりと
なんだかちょっと後味が悪かったです。。。

トラムの中の変な人、怖いですね。
私は昼間道を歩いていて変なおじさんに遠目から怒鳴られたことがあります(^^;;
一人だったのですごく怖かったです。
海外ってこういうのよくあるんでしょうか。。。
テロとかじゃなく本当に良かったですね(^^)

NoTitle

可愛いイースター飾りですね^^
娘さん、お礼の一言もなく備品テェックとは^^;
って、備品チェックなんてするんですね。
お皿の数まで数えているなんて凄すぎる!?
ここでもアメリカでも備品どころが家具さえチェックされたことないんですけど☆

うさ太郎さんもやってしまいましたか☆
うちも鍵そのまま持って帰りそうになったのですが、
タクシーの中で気付いて置きに戻ったんですよね^^;

海外だとよくいるんですよね、そういう変な人。
バスや地下鉄の中でも道端でも怒鳴りながら訳の分からないことを言ってるんですよね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索