時は流れる・・・

時は流れる・・・

2017年があけましたね。。。      
昨年は、はなこさんや、このブログを通して、
沢山の方とお話できたりお会いできたり。。。
大変お世話になりました。嬉しかったです^^
今年も宜しくお願いいたします。      

年越しの花火、今回も近所でバンバン打ち上が
っていましたが、昨年ほどではなかったような
と思いきや、うさ太郎によると、うさ奈が寝た
後日付が変わってからは結構凄かったそうで。
ひときわ大きな音には「うん」「うん」と相槌
をうっていたそうです。全く覚えがない・・・
うさ太は、花火の音には余り関心がない様子。
人間のくしゃみのほうが怖いみたいです  

うさ太ー?生きてるよね?
写真 2017-01-03 16 17 23
花火が打ち上がり始めた頃の様子です

最近は、夜中に目覚めることも減り、目覚めて
その後眠れなくなることもなくなったので、寝
不足は解消されました。でも、目覚めた時には
いつも「母のいない世界」である現実を認識し
ては悲しくなります。母が出てくる夢は、実家
にいた時の一度だけしかみてません。その夢も
追いすがる母を振り払って家を出てくるような
なんともいえない夢。。。         

身近な人が亡くなった時、気配を感じるとか、
夢にでてきたとか聞きますが、そんなことも全
くなくて寂しく思っていたのですが。帰国の間
うさ太シッターをしてくれていたはなこさんに
後日お土産を渡してた時に突然いわれました。

「うさ奈さんて、○○ちゃんて呼ばれてた?」

はい、それはもう、家族の中では小さい頃から
の呼び名で、一部の友人にも呼ばれてはいるけ
れど、はなこさんには教えていなかったはず。

知らせをうけてバタバタと帰国をしたあの日、
仕事帰りに家の鍵を受け取りに来たはなこさん
は、うさ奈にあったとき頭を撫でて抱きしめて
くれたのですが。実はその時、「○○ちゃん」
という声を聞いたというはなこさん。フワフワ
とした影?がうさ奈の頭を撫でたそうにしてい
たからかわりに撫でてくれたのだそう。。。 

うさ奈に聞こえなかったのは残念だけど   
お母さん、来てくれてたんだね・・・    

ドイツに戻った時すでに、うさ奈ハイムを後に
していたはなこさんは、母の為、テーブルの上
に黄色いバラの花を飾ってくれていたのです。

白がなくてごめんなさいとありましたが・・・
写真 2017-01-03 15 55 04 (3)

母の遺影は、黄色い服をきてニッコリ微笑んだ
顔に、父が選んだ菜の花背景を合成したもので
黄色いバラはぴったりでした。ありがとう 

母が亡くなる前日に、ソラマメの種を植えたと
記録がありました。うさ太郎がゆずを収穫して
いる足元のプランターが怪しいと睨んでいたの
ですが、日本滞在中には何の変化もなく。  

写真 2017-01-03 15 55 04 (2)

調べると2週間ほどで発芽するとあったので、
ダメだったのかなぁ?と残念に思っていたので
すが、大晦日、実家に帰った妹から     

写真 2017-01-03 15 55 04

発芽してる写真が送られてきました。    

写真 2017-01-03 15 55 04 (1)

母がいなくなった世界でも時間は流れていく。
「1週間前は生きていた母」が「1ヶ月前は生
きていた母」になり「半年前は・・・」「1年
前は・・・」になっていく。母のいなくなった
日々を積み重ねていくことで、そうした気持ち
に折り合いをつけていくしかないですね。。。

実家の庭で存在感を放っている花がありました
写真 2017-01-03 15 55 03

母がいれば「この花、なんていうの?」と聞く
のですが、もう聞けません。ネットで一生懸命
調べてみたけど、全然出てきません。    
どなたか、ご存知の方いらっしゃいましたら、
教えてくださると幸いです。。。      
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

anbouさん

ふふふ。涙腺が決壊しています^^

anbouさんのお父様も夢に・・・
やっぱり月日がたって、気持ちが落ち着いてからでてくるのかな?
今そんな夢をみたら、目覚めたくないですからね^^;

ソラマメ、大事にお世話したいけどできないので
姉妹にがんばってもらいます^^
アンちゃんのラベンダーもきっと綺麗に咲くでしょうね
肉体がなくなっても、DNAは生き続けますよね・・・

はなこさん

そうですよね
先にいって待ってくれてる人やうさぎさんが
いるのだと思うと、やがて自分もいかなきゃ
いけないことが怖くなくなります。
棺に入った母との最後のお別れで「またね」
っていいました。またあえるの、いつかなぁ

あやすような慈しむような優しい声
想像できます。。。
母にとってわたしは、姉妹の中で一番幼くみえて
いたのだと思うのでなおさら、、、

ソラマメは姉妹にお世話をお願いして
無事に収穫までもっていきたいです^^

鍵コメK様

ありがとうございます
こんな中でも、楽しいこと、笑えることは結構あって
涙にくれてばかりではないのですが・・・
まだまだ、意欲的に何かをすることはできませんね。。。

やっぱり時間薬・・・ですよね
悲しみは消えることはないのでしょうが、そのうちに
暖かい気持ちもプラスされるようになるのでしょうね

鍵コメH様

追記ありがとうございます^^
わたしの知ってるコスモスとはだいぶ違うなぁ
と思っていたのですが、別の種類なんですねぇ^^;

鍵コメF様

Fさんも、お花の名前調べてくださったのですか?
ありがとうございます^^

わたしがドイツに戻らないと言いだしたら大変!って
本当に母がいいそうでホロっときました・・・
おばあさま、10年以上たってから夢に?
大丈夫だよ って安心する言葉ですね
今そんなことを夢で母にいわれたら、ボロ泣き
しちゃいそうですが、落ち着いて受け止められる
ようになったら出てきてくれるのかな?

母には4人も守らないといけない娘がいて大変。。。
あまり心配かけないようにしたいものです^^;

ふわふわとお母さまが頭を撫でにやって来られたのは、やはり遠くに住んでるうさ奈さんの事を気にかけてらっしゃったからかな。
大好きだよ。○○ちゃん。悲しまないで。って言ってらしたのかな、なんて勝手に想像してしまいます。

亡くなった父が、だいぶ月日が経ってから、日常生活の一コマみたいな夢に出てきたりしました。
きっと、思いがけないタイミングで、いつものお母さまが笑顔で夢に出てきたりしますよ^_^

ソラマメ元気に育って欲しいな〜
私は、アンの●を埋め込んラベンダーが今年も咲くのを楽しみにしてたりします♪

NoTitle

わたしも思ってました。
海がいなくなって2か月、半年、1年・・・
海が生きていた時間がどんどん遠くなる、って。
そしたらある日海が言ったんです。
会える日がどんどん近づいてくるね!って。

お母さまはね、
遠い外国で知らせを受けることになるうさ奈さんのことを
特別に気にかけてらしたんだと思うんです。
だからふわふわのやわらかいイメージで
うさ奈さんを包もうとしたんですよ、きっと。ぜったい。
〇〇ちゃん、の声もあやすような慈しむような優しい声でしたし。

お母さまが植えたソラマメ、ぐんぐん育つといいですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメH様

ウィンターコスモスというのですか!
画像検索してみたらたしかに・・・ぽいですね。
ほとんどは緑の茎ですが、赤いものもありました。
急に寒くなると茎が赤くなるだなんて、びっくりです
5弁の白い花 赤い茎 にこだわって検索していたので
そりゃあでてこないはず、、、
姉妹一同、すっきりしました。ありがとうございます^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索