母の記録

母の記録

拍手コメントに返信をしたいのですが、  
手段がない。とにかくありがとうございます

いよいよクリスマス本番ですが、今回は少し
寂しいですね。1ヶ月前、勤労感謝の祝日で
実家に帰っていた姉のスマホでビデオ通話を
したのが、母との最後の会話になりました。
「うさちゃんは元気?」ときかれたので、う
さ太をうつしだしたら「ちょっと大きくなっ
たんじゃない?」といわれ「冬毛でモフモフ
してるだけだよー」と返したのですが、姉と
二人で「まるい」だの「おおきい」だの笑っ
ていました。あのときにかえりたい・・・。

携帯もスマホも持つことを拒否していた母は
恐らく結婚当初から最期の日まで、家計簿に
日々の出来事も細かく記録していました。 

亡くなる前日には            
「18cm イチゴショートケーキを作る」  
当日には                
「朝、昨日作ったケーキをたべた」    
と書いてあります。           
材料の分量と焼き時間も書かれていました。

母がいた部屋には、ここ10年程の家計簿が
置いてあったのですが、母のやっていたこと
をパソコンでまとめようと思い、ひとまずは
2012年からの5冊だけ持ってきました。

写真 2016-12-19 13 40 51

その記録によると、特にキリスト教徒だった
わけでもない母が、毎月1回だけ教会に通っ
ていたことがわかりました。ある牧師様のお
話をききにいっていたようですが、その牧師
様からのハガキもまとめて残っていて、どう
やら2009年からのおつきあいのよう。 

2009年といえばうさ奈たちが結婚した年
で、10月に式を挙げたのですが、その前の
1ヶ月間、母は入院することになりました。
同室に、先の教会に通われていた方がいて、
意気投合&勧められて、通い始めたようで。
知らなかった母の姿がみえてきました。  

入院が長引いて結婚式に出られない可能性も
あったのですが、なんとか退院できた母には
ベールダウンをしてもらった良き思い出…。

写真 2016-12-23 14 11 20

12月の予定に「クリスマス礼拝」があった
ので、姉が父を連れていってきました。その
牧師様に母のことをお話できたそうです。 

2ヶ月に1回ペースで通ってたのは美容室。
ちょうど美容室に行きたかったこともあり、
母のことを伝える為にも行ってみました。 
一軒家に併設した小さなサロン。やっていた
のは、うさ奈と同じ中学の一年先輩でした。
といっても、知り合いではなかったけれど、
共通の知り合いは何人か出てきました。  
母のことを伝えると、嘘でしょ?と涙ぐんで
くださり、後日お線香をあげにきてくれて。
お母さん愛されてたね。いってよかった。 

母の記録、データ化はなかなか進まないけど
日本を離れているうさ奈にできることはこれ
くらいしかないので、うまくまとめていこう
と思います。。。            
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

はなこさん

テーブルの上に置きっぱなしでしたね^^;
わたしのだと勘違いされるなどとは思ってもいませんでした!
母の軌跡、ほっこりしたり、せつなかったり。。。
その時その時の母の気持ちを想像してしみじみとして。。。

結婚も遅くて、母にはかなり心配をかけました。
病み上がりの母に、大役を果たしてもらいましたが
母が誇りに思ってくれていたなら、とても嬉しいです^^

anbouさん

anbouさん、ありがとうございます

ドイツにいると、母との思い出がない場所のせいか
離れて暮らしている状態に変わりがないせいか
思いの外、平気な自分がいます。。。
日本に帰っていたときは、母と一緒にいった場所に
行くともう、涙があふれてあふれてダメでした。
また、母みたいな人が、ひょいっと出てくるんですよね。
ドイツではそういうこともないので、助かっています。

でも、ドイツを案内したかったな・・・
ドイツでつくったお菓子を食べさせてあげたかったな・・・
甥たちが来た時のフォトブック、結局つくれてないし。
母の記録には、もちろん甥たちがドイツに来たことも
書いてあるし、私とLINE通話したことなども書いて
あります。その時その時のことを思い出しては
暖かい気持ちになったり、切ない気持ちになったり。
必要な時間なんですよね。じっくり向き合っていきます。

NoTitle

このまえお邪魔したときテーブルのうえに大切に並んでいたのが
お母さまの家計簿だったのですね。うさ奈さんのかと思ってました・・i-201
家計簿といってもただ「〇〇1個××円」というだけのものじゃなくて
ちょっとした日記、日々の記録にもなっていたんですね!
そんなすてきな家計簿があってよかった。
お母さまの軌跡をたどることができますものね。

花嫁うさ奈さん、わたしはお顔つきの写真を見たことがありますが
本当に花のようにきれいな花嫁さんで
お母さま、どんなに誇らしかったかと思います。

NoTitle

ずっと家計簿をつけてらっしゃったなんて、お母さまはとても几帳面な方だったのですね。
知らなかったお母さまの行動等を読んだりしたら、新鮮に感じるでしょうね。
同時に沢山の良い思い出も思い出されて、涙してしまうかもしれませんが、今はいっぱい涙していいと思います。
クリスマスは寂しいかもしれないけれど、お母さまの事を偲んで、しっとりと過ごす、そんなクリスマスがあってもいいと思います。
(何だか上手く心を和ませてあげられるような事が書けなくてゴメンナサイ・・)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索