うさぎの先生

うさぎの先生

昨日は、2ヶ月ごとに歯のチェックをしてもらっている
うさぎ界では有名な先生のところにいってきました。

しかし、うさ太はなぜわかるのでしょう
病院に連れていこうと、ケージの扉をあけると
木箱にこもってしまうのです。足ダンもします。
昨日は、木箱より更にちっちゃい木枠?の中に収まって。
ここだと、手を入れるスキマが少ないので、少しやっかいです^^;
でも、身体は隠れてると思っているのか、顔だけ
出して様子を伺っているサマが、なんとも可愛い(*^^*)
しばらく鑑賞したあと、お尻をおして、ケージの
外にとびだしたところを捕獲しました。

うさぎの先生には、かかりつけ医にみてもらっている瞳
以外を一通りチェックしてもらいます。先生の手の中で
おとなしくなるうさ太。うさ太郎が一緒に来るのは
2度目だったのですが、そのあざやかなうささばき(?)に
目を奪われています。爪を切り、臭腺をみて
「綺麗好きだねぇ」と声をかける先生。
愛があふれていると、うさ太郎は後からいってました^^

さて、問題の歯です。
かかりつけ医では、奥歯がのびすぎだといって
2回程削ってもらいました。しかし、麻酔を使うので
身体への負担が心配だし、お金もかかります。。。
そこで、麻酔なしで削るという、ここの先生を頼って
きたのが去年の8月でした。その時、かかりつけ医は、
なんともいっていなかった前歯が、のびすぎて
不正咬合を起こしていることが発覚!すぐさま削って
もらい、奥歯も整えてもらいました。その後、2ヶ月毎に
みてもらってますが、毎回少し整える程度ですんでいます
このまま、何も処置しなくてよくなってくれないかなぁ
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索