アメリカ☆ホストファミリー宅で新年会

アメリカ☆ホストファミリー宅で新年会

4年前の10月、うさ太郎は業務の一環として
1ヶ月間、ボストンに語学留学をしました。 
その後、海外出張がどんどん入るようになり、
こうしてドイツ赴任まで果たしたわけですが。

語学留学の話が出た時に、1ヶ月も離れるのは
不安だし寂しいなぁと思っていたうさ奈。  
そんな気持ちを察したうさ太郎が      
「今後海外出張で何ヶ月も家を開けることも 
出てくる。その間、寂しくないようにうさぎを
家族として迎えようか」といってくれたのが 
実はうさ太を迎えたきっかけだったのです 

いよいよ迎えたボストン留学の時期、うさ奈は
身体に問題を抱えていて。本当はうさ太郎にも
そばにいて欲しかったのですが、そういうわけ
にもいかず。うさ太郎はうさ太郎で、初めての
海外留学に苦戦していて。課題も多く、真面目
にとりくんでいたうさ太郎は、連日疲労困憊と
いった状況で。それだけだと暗黒の時代だった
のですが、うさ太とスティ先のご家族のおかげ
で、癒され乗り越えることができたのでした。

スティ先のご家族は、暖かい3人家族。   
優しく面白く、頼りになるお父さん、    
明るくて、美味しいご飯をつくるお母さん、 
働く乗り物好きで、まだ1歳の可愛い坊や。 
実はお母さんとうさ奈は、同い年とのことで!
いつか会いたいなぁと思っていたし、    
うさ太郎も、いつかうさ奈を連れていきたいな
と思ってくれていたので、今回のアメリカ旅が
ちょうどいい機会となったわけです    

マエオキながいぞー
写真 2016-10-30 12 54 49
は、はい!スミマセンうさ太サマ!!

そんなわけで、アメリカ旅の目的の1つである
ホストファミリーさん宅を訪れる編です。  

うさ太郎がお父さんに連絡をとると、なんと 
今年は親戚を呼んでユダヤ歴の新年祝いをする
から、その日にこないか?と誘われたのです。
ユダヤ歴の新年は、西暦の月日に置き換えると
毎年変動するので、うさ太郎がホームスティを
した時は、既に済んでいたわけで。初体験。 
ユダヤ新年祭のことをネットで予習し、いざ!

地下鉄と
写真 2016-10-30 13 20 31 (1)

バスをのりつぎ
写真 2016-10-31 10 54 49

窓際の黄色いチューブ?を引いて降車の合図!
写真 2016-10-30 13 20 31

おうちに着くと、お父さんが出迎えてくれて 
料理の準備をしていたお母さんに、坊やと遊ぶ
現在のスティ客Sさん(日本人)がバタバタと^^
やがて、親戚やご近所の皆さんが続々と集結。
総勢11名の新年祝い会は、お父さんのお祈りで
始まり、10/10 アメリカ旅の食べもの全公開♪
で紹介したお料理を食べ、ワインなどを飲み、
ケーキも沢山いただきながら、お話をして。 
空手を習っている坊やが、黒い道着に着替えて
Sさんと戦いはじめたので、折り紙で手裏剣を
つくってあげたら、とても喜んでくれました☆
写真 2016-10-30 11 29 32

そんなこんなで、あっという間に夕方になり、
1人2人と帰って行く親戚やご近所の皆さん。
最後まで残った我々は、お父さんがホテルまで
送ってくれるというのに甘えさせていただいて
もう少しゆっくりと。坊やがポケモンGo!を 
始めたので、Sさんとうさ奈も起動して。  

坊やがいうポケモンの名前に心当たりがないな
と思っていたら、Sさんにヒトカゲのことです
と教えてもらいました。そうか、日本の名前の
ままのポケモンもいれば、そうでないポケモン
もいるのですね。少しやっかいですが、坊やと
ぐっと仲良くなれてよかったです     

最後にみんなで記念撮影
写真 2016-10-30 11 29 27

うさ奈が手にしてるのは、人魚が描かれた貝殻
写真 2016-10-30 13 20 31 (3)
お母さんの作品をいただきました

お父さんが、私たちも家族だといってくれて
胸熱です。嬉しい            

またいつかボストンに帰ります。今度は直で!
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

koumeさん

あの頃のことを思い返すと、うさ太をお迎えした理由が
生かされた初回の複雑な気持ちを思い出して、すっかり
海外出張で離れることもそれほど寂しくなくなってきた
昨今の気持ちが引き締まる思いだったりします^^;

Royくんパパさん、そうはいってもRoyくんに懐かれてますよね?^^
それとも、一緒に住んでいる害のない人程度の認識なのかしらw

うさ太郎は、お父さんに悩みをきいてもらったり、
励ましてもらったりと、とても恩を感じているので・・・。
本当にこの人たちに出会えてよかったと思います^^

NoTitle

ボストン留学がうさ太くんお迎えのきっかけだったのですね^^
うさ奈さんが寂しくないようにだなんて、うさ太郎さん優しいですね♪
欲しい、欲しい言っておいて一切面倒も見ないどころかかまうこともないうちの誰かさんとは大違いです☆

4年経っても連絡を取り合ったり、会ったりできるなんて素敵ですね^^
いいホストファミリーさんに出会えましたね♪

anbouさん

バリヤード、動きもヘンなんですよ〜
パントマイムの壁をつくる動き?で。。。
ゲットしたときはヨーロッパ限定と知らなかったので
なおさら、なんだこりゃ?でしたw

わーい☆
レアじゃなくても、持ってないのであればなんでもいいですw
早く交換機能、実装されませんかね♪

バリヤードwww
どんなポケモンがググったら・・・
かなり笑えるヴィジュアル(≧∀≦)
でもヨーロッパ限定は貴重ですね!
交換できるようなレアなポケモンをゲットしときまーす(^_−)−☆

anbouさん

どうも、うさ太郎のことをかけばかくほど、王子度が
あがってしまうようですね?^^;
はい、わたしもうさ太との出会いは運命だったと信じてます♪

お母さんは同い年だけど、やっぱり子供がいるから
でしょうかねぇ。母!という感じがしますよ(笑)
あんなに沢山の美味しい料理をつくる腕前、尊敬しています^^
ちなみに、お父さんは歳下・・・かな^^;(うさ太郎よりは歳上w)
えぇ、私が関係性を複雑にしています・・・

おぉっ、ポケGO再開ですか☆
わたしも最近はあまり起動できていませんが、
やめたつもりはありませんので!
アメリカでは、北米限定のケンタロスの影を何度かみたのですが
遭遇することがなかったので、ゲットできていません・・・残念。
ヨーロッパ限定のバリヤードはゲットしているので、交換できる
ようになったらいりますか?(笑)

うさ奈さんのことを考えてうさ太くんをお迎えする事になったなんて、やっぱりうさ太郎さんは優しい王子様なんだわ☆
うさ太くんとの出会いは運命だったのですネ。

ボストンにもファミリーがいるっていいですね〜
うさ奈さんと同い年のママwもいていいな。

私はお休み期間を経て秘かにまたポケGO再開してます〜(≧∀≦)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索