Falconer Weekend

Falconer Weekend

ホーエンツォレルン城でのイベント
猛禽類のショーのお話です
(いつもと書式を変えてみました)

ホーエンツォレルン城のHPでは
Falconer Weekendという名前で
紹介されていたこのイベント
11:30 14:00 16:00の回があり
14:00の回をみることができました

家族ぐるみでやってるのかな?
というような一座の面々が
鷹、鷲、隼、梟、ミミズク等の
猛禽類を腕にのせて
観客の前をまわった後
写真 2016-09-20 15 10 35 (2)

鷹を手にして観客の後ろにまわり
順々に鷹を放っては
お城の建物にとまった鷹を呼び戻す
写真 2016-09-20 15 10 34 (5)
時に、頭上を飛んでいく鷹さん達の
ダイナミックな飛翔が楽しめます☆

観客の中に入っていくので
ショーの最中だというのに
写真撮影に応じている場面も
写真 2016-09-20 15 10 35 (3)
カメラのおじさま、素敵な格好です

一座の面々の衣装もとっても素敵で
写真 2016-09-20 15 10 36 (3)
このかわいいお姉さまの衣装は
苦しそうだけど着てみたい

このお姉さまの衣装もなかなか
写真 2016-09-21 14 23 36
男の子は観客から選ばれ衣装を着せられ
お姉さまが飛ばせた鷹を腕にうけました^^

ワシミミズクさんは
羽を広げてその大きさを披露
写真 2016-09-20 15 10 36 (4)

あぁっ
写真 2016-09-20 15 10 35
かわいい〜

ちっちゃいフクロウさんも出てきて
写真 2016-09-20 15 10 36 (10)
ドイツ語の説明ワケワカランw

輪くぐりを成功させたり
写真 2016-09-20 15 10 36 (2)

兎に見立てた獲物の捕獲に成功したりと
写真 2016-09-20 15 10 35 (17)

ショーはつつがなく進行していたのですが

大空に放ったハヤブサさん
ロープに結んだ獲物をグルグル回して
空中で捕獲させる実演で
建物の上にとまり動かなくなり
写真 2016-09-21 14 49 21
演出なのか、アクシデントなのか・・・
「インゴー!」と名前を呼んでは
獲物をグルグル回し「ほいっ」と投げては
むなしく床に叩きつけられてしまう
インゴ動かず・・・
写真 2016-09-20 15 10 35 (1)
を、何度も繰り返し、笑いがおこります

そこで諦めて、別のハヤブサ
「ヤナ」が放たれて何度か成功するものの
そのまま何処かへ飛び去っていき・・・

「ヤナー!」「ヤナー!」

「インゴー!」

そんな状態でショーはおひらきに?
観客達はバラバラと離れていきました

え?おわり?と思いつつ、どこからか
「ヤナー」と声が聞こえるので
観客の何人かが向かった場所へいくと

ヤナが無事に回収されていましたw
写真 2016-09-20 15 10 35 (16)

シュールだ・・・。
毎回こんな感じなのでしょうか?
16:00の回で確かめたい気もしましたが
遅くなっちゃうのでね。。。

ショーの後はふれあいタイム
写真 2016-09-20 15 10 35 (8)
アンペルマンTシャツの少年の手に
なんともかわいいミミズクさん

下のスーツの男性
カメラを向ける方も多く
一座の面々は丁寧に対応していたし
なんだか高貴なオーラをまとっていて
もしかしたら、お城の現当主さんかも?

インゴが無事に回収されたのかが
わかりませんが・・・
16:00の回が始まる頃、お城を後にしました

今回の書式、いかがだったでしょう?
スマホで見やすいかな?と思ったのですが
パソコンだと見にくいでしょうか・・・
どちらでも見やすいといいのですが
難しいですね。。。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

へたうまさん

徒歩1時間!さすがへたうまさんです♪
「乗せてあげるよ」といわれても、ちょっと怖いですよね
(え?怖くない?w)
猛禽類は餌が問題ですね・・・^^;
でも、原型のまま?食いちぎられる?!ひーーーーっ

日本のフクロウカフェで、手にのせたおにくで
ハリスホークを呼び、腕にとまらせたことはありますが
確かに、おにくはおにくでしかありませんでしたね〜
このショーでは、どうやって呼んでいたかな?
手元をよくみてませんでした^^;

英国、ちょっと残酷だけど、自然の摂理と割り切ってる
感じでしょうか。それはそれで、私も好きです☆

koumeさん

抱きしめられたワシミミズクさん、たまらないですよね♡
うさ耳がついてるみたいだし、なでなでしたかったです♪
輪くぐりは、飛んでくる直線上に輪を設置しただけな気もしますがw
どこかへ飛んで行ってしまわないのは、えらいなと思いました^^;

といっても
おりてこないハヤブサさんに、飛んで行ってしまったハヤブサさん
ここはもう、喜劇でしかなく・・・。演出にしてもそれでいいのか?と(笑)

当主さんは、普段お城には住んでいないようですが、
滞在中は旗があげられてるとのことで☆
ばっちり旗はあがっていたし、ふれあい後は
一般人が入れないような場所へ帰っていきました^^

NoTitle

猛禽類ショー!大好きです!私も英国で、それだけの為に物凄い地方の街に行って、真夏の日差しの中、そこから1時間くらい歩いていたら、まぁ、私は好きで歩いていたんですが、めったに歩く人なんかいないんでしょね(^_^;) 時々、走り抜く車の中から何度も何度も「どこまで行くの?乗せてあげるよ」と声を掛けられて、断るのが面倒臭かった事を思い出しました(笑)
そこは観光農場でしたが、もう幸せ過ぎて、終わるまで触れ合って癒されていました!でも、餌がネズミですからね〜(笑)「はい、これ持って呼んでみて!」とか言われても、ね〜(^_^;)持っている指先からネズミを食い千切られてもね〜(^_^;)ははは……(^_^;)
日本じゃ、絶対に餌までは持たせない、というか、ネズミの形を見せるような演出はない気がします。でも、私はそんな英国が大好きです!←これが言いたかっただけ(笑)
あれ?ドイツも英国と同じ感じですよね?欧州は、こういう事は現実的な印象なんですが。

NoTitle

ワシミミズクさん、ほっぺたくっ付けられてもじっとしてるなんて可愛い〜♡
輪をくぐったりなんてこともできるのですね^^
賢いですね♪
でもハヤブサさん達は演出だったのか、そうじゃなかったのか?
気になりますね☆

当主さん、そのお城に住んでいらっしゃるのですか?!
そんなお城に住めるなんて素敵♪

リンクの件、ありがとうございます^^
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索